借用書の住所などはよく確認

金銭の貸し借りは、ある意味ビジネスと言えます。いわゆる取引などを行うとも
解釈できる訳ですが、もちろんビジネスでは様々な書面は発行される事になります。
それで書面を交わす場合は、基本的に合意が求められる訳です。

合意しなければ、大きなトラブルが発生する事もありません。このため借用書などは、
できるだけよく読んでおく必要があります。例えば、制限に関する事柄は
目を通しておくと良いでしょう。

どういった制限事項が生じるかを見ておけば、基本的には大きな問題は生じないからです。
特に金額に関する事柄は、熟読しておくべきです。それともう一つ大切な要素が、
借用書に住所の記載があるか否かです。きちんとした業者ならば、
オフィスなどの所在地は記載されています。

逆に住所の記載が皆無な業者などは、少し注意を要する訳です。
したがって書類に具体的な住所が書かれているかどうかも、要チェックと言えます。
もちろん記載されている住所が実在するか否かも、重要なポイントになるでしょう。

 

審査の甘いカードローンに気をつけること

生活費が不足してしまったり急な出費でお金が必要になったりしたときには、お金を借りなければいけない状況になってしまうこともあると思います。銀行カードローンや消費者金融でお金を借りることになるでしょう。初めてお金を借りるときはどこでお金を借りたらいいのかわからないですよね。

一般的に銀行カードローンは審査に時間がかかり審査が厳しいですが金利は低めです。消費者金融は審査に時間はかからず審査は厳しくありませんが金利は高いです。また消費者金融は収入がないと必要利用できません。専業主婦は利用できないということです。主婦でもパートをしていて安定した収入があれば利用できます。

頻繁に借入をしていて、返済を延滞してしまったりすると銀行や大手消費者金融ではお金を借りることができなくなる可能性もあります。そんなときに利用を考えるのは審査の甘いカードローンではないでしょうか。即日融資キャッシング、審査の甘いカードローンは金利が高いので利用するときは気をつけましょう。